無料ブログはココログ

« 水曜日の韓流ドラマ | トップページ | 冬のソナタ~春のワルツまで »

2007年7月26日 (木)

韓国テレビの中の日本語

7月26日(木)東京新聞芸能ワイド15pアジア通信・韓国少しずつ変化を見せるテレビの中の日本語:韓国における日本大衆文化の開放は1998年10月にスタートし以降4回にわたり部分的な開放が行なわれた。いまだに地上波では日本のドラマなどは禁止されている‥ドラマの中で聞こえてくる日本語は日帝時代を背景にしたドラマの中で日本の警察役を演じる韓国人の役者がしゃべる下手な日本語ぐらいだった。しかし、「コーヒープリンス第1号店」MBDが放送中のドラマに新鮮な驚きを覚えた。コーヒーショップで働くソンギ(キム・ゼウク・日本ではまだあまりなじみない)はベールに包まれた男役。口数が少ない上、何かあるとすぐに日本語で独り言をいう‥少しずつではあるが、変化を感じる今日このごろだ。(ソウル現地通信員・郭賢峨)

« 水曜日の韓流ドラマ | トップページ | 冬のソナタ~春のワルツまで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/416575/7279786

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国テレビの中の日本語:

» 黒木瞳 [千の風になって]
黒木瞳の「千の風になって」には期待できますね。 黒木瞳、余命3カ月の母役「千の風になって」 [続きを読む]

« 水曜日の韓流ドラマ | トップページ | 冬のソナタ~春のワルツまで »